家庭用防犯カメラを選ぶポイント

駅やお店などで見かける防犯カメラは、犯罪の抑止効果や録画・記録の役割を果たします。

最近では、自宅周りのご近所トラブルを防いだり、セキュリティを強化したりするために、家庭用の防犯カメラを設置する人も増えています。

 

防犯カメラは多くの電化製品メーカーから販売されており、バリエーションも豊富です。

そのため、購入する際にどれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

 

そこで今回は、家庭用の防犯カメラを選ぶ際の基準・ポイントを紹介します。

 

防犯カメラの種類を知りたい方や、自分に最適な機種を探したい方は、ぜひ参考にしてください。

家庭用の防犯カメラを選ぶポイント

では早速、家庭用の防犯カメラを選ぶ際のポイントを見ていきます。

画質(画素数)

カメラを記録用に設置する際、カメラの向こう側の様子をより鮮明に写せた方が効果的です。

画像の鮮やかさを表す単位が「画素数(ピクセル)」です。

画素数が高いほど画像を構成する要素が増え、より画像の情報数が増えた状態でキメが細かくなります。

 

現在市場で出回っている標準的な防犯カメラの画素数は、100万〜400万画素のハイビジョンやフルハイビジョンと呼ばれるものです。

ただし、画素数が上がるほど高性能なカメラとなり、販売価格も高い傾向があります。

また、高画質の映像を見るためには、同レベル・スペックのモニターが必要です。

 

一般的に、顔の識別や数字の確認をする程度の場合、200万画素の防犯カメラで十分な効果を発揮できるでしょう。

撮影範囲(画角)

撮影範囲の広さを表す「画角」の大きさは、防犯カメラの設置台数にも影響します。

 

カメラの撮影範囲を決めるのが、レンズの焦点距離です。

焦点距離が短いほど、画角が広くなり撮影範囲も大きくなります。

 

一般的な防犯カメラの焦点距離は4~6mm程度で、それ以下だと広角に、それ以上だと望遠になります。

広角レンズは撮影範囲が広く、手前の対象物は大きく、遠くの対象物は小さくといったように遠近感が強くなります。

一方で望遠レンズは撮影範囲が狭いものの、小さい対象物や遠くの対象物を鮮明に写し出せるのが特徴です。

また、バリフォーカルレンズでは焦点距離と画角を自由に調整できます。

明所・暗所での撮影

防犯カメラのF値は、カメラに取り込む光の量を調整する程度を指します。

F値が小さいほど多くの光を採り込み、暗所でも鮮明に撮影可能です。

反対に、日差しの強い場所での撮影には、F値が大きいカメラが向いているでしょう。

 

また、暗所の撮影に特化したカメラには、暗視カメラや赤外線カメラがあります。

暗視カメラは光が不足すると、画像が黒くなってしまうため、慎重な選択が必要です。

一方で赤外線カメラは、人の目では検知できない電磁波を照射することで、暗所でもモノクロ映像を撮影できます。

 

デイナイトモードの備わった防犯カメラでは、日中はカラー撮影、夜間はモノクロ撮影と自動的に切り替えて撮影可能です。

首振り・ズーム機能

防犯カメラが対象物を柔軟に写すためには、PTZと呼ばれる水平・垂直方向の首振り、ズーム機能が肝心です。

PTZ機能が備わった防犯カメラは、遠隔での調整や対象物の自動追跡などができます。

 

また、ズームにはデジタルズームと光学ズームがあります。

デジタルズームは映像の一部を切り取るのに対し、光学ズームはレンズを動かしているため、後者の方が画質劣化がありません。

無線・有線

防犯カメラには、同軸カメラとネットワークカメラがあります。

前者は同軸ケーブルで映像をレコーダーに送る一方、後者はインターネットLANを利用した無線接続で、パソコンで映像を確認したり、場所を気にせず設置したりできます。

データ保存方法

防犯カメラのデータの保存先は、レコーダーやSDカード、ハードディスクやPCなどでしょう。

これらの保存方法では、容量を十分に確保する必要があります。

また、近頃のネットワークカメラでは、データをクラウドに保存することも可能です。

月額のサービス利用料がかかるものの、容量を気にせず、場所・時間関係なく映像を確認できるため便利です。

<おすすめ記事>

クラウドカメラとは?メリット・デメリット

耐久性

防犯カメラは屋外に設置するケースも多いと思います。

その際は、防水性や防塵性を表したIPコードと呼ばれるJIS規格に注目しましょう。

防犯カメラでは、IP66が最高スペックです。

 

また、ハウジングと呼ばれる雨天避けの専用カバーをつけたり、防水コーティングをしたりするのも効果的でしょう。

形状

防犯カメラには、ボックス型・ドーム型のデザインがあります。

ボックス型は、四角い箱の形状です。

耐久性があり、夜間撮影や逆光に強い機種が多く見られます。

カメラとしての存在感が強く、犯罪抑止効果が大きいでしょう。

 

ドーム型は、丸みを帯びた形状で、広範囲の撮影に優れています。

建物に馴染みやすく、カメラの圧迫感が少ないため、住宅や店舗でも設置しやすいでしょう。

家庭用防犯カメラで家のセキュリティを強化

いかがでしたでしょうか。

今回は、家庭用防犯カメラを選ぶポイントを紹介しました。

防犯カメラについての知識や各機能の効果をお分かりいただけたかと思います。

自宅に合った防犯カメラを設置して、セキュリティを強化しましょう。

 

防犯カメラ情報センターでは、高機能の防犯カメラを低価格で設置・提案を行っております。
20社以上のメーカーから「防犯設備士」がお客様に合ったカメラを提案いたします。
また、自社施工であるため、エレベーターにも取り付けが可能です。
無料の見積もりをおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

防犯カメラ設置業者なら防犯カメラ情報センター

 

 

これを見ればぴったりの防犯カメラ設置業者がすぐに見つかる!
各防犯カメラ設置業者を比較し、ランキング形式で大公開しています!各防犯カメラ設置業者の特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのは信頼性が高く魅力ある業者ばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりの防犯カメラ設置業者が見つかります。
おすすめの記事